Img_038f1d7be43a2e1b60a436d24dcb4c0d
頂いたらっきょう、アメリカンチェリー、ロシアのお土産のチョコレート
中学3年から25年来の親友がいる。
当時私は長崎の中学3年生。
彼女は横浜からの転校生だった。
私立の中学校だったため転校生というのは稀で何か特別な感じがした。
きれいな標準語に加えておっとりした話し方が新鮮。
それでいて、ちょっとだけ大人びていて(長崎の中学生に比べると)
でも面白いことも言ったりして、友達になれて嬉しかったのを思い出す。
彼女のお母さんと言う方もまた素敵でお料理が上手でスタイルが良くて、
憧れの家族という感じだった。

そのご短大まで長崎で過ごした後、横浜に帰ってしまったが
お付き合いが続き今に至ります。

2006年に私が単身上京してからは、
本当にお世話になりっぱなしで、私のイラストレーターとしての活動もいつも応援してくれている。
会えば何時間でも話をして、お腹を抱えて笑いこともしばしば。

そんな彼女は今年4月に札幌に旦那さんの転勤で引っ越してしまった。
前みたいにすぐ会える距離ではないけれど、電話で話せばいつも通りで
札幌に行く楽しみも出来た。

そして、らっきょうのお話。
彼女のお母さんもまた私の事を気にかけて下さっていて
この季節になると(ちょっと過ぎちゃいましたが)、
毎年お手製のらっきょうおすそ分けして頂いてます。
これが絶品!
写真は今年のらっきょうで瓶にたっぷりで嬉しかった。
あっという間に食べてしまいます。

こんどレシピを聞きたい気もするけど、
彼女のお母さんのつけたらっきょうが来年も食べたい。

ごちそうさまです。