昨日はキリンジのラストライブだった。
ヤスの脱退でキリンジは高樹だけで存続して行く。
私とキリンジとの出会いは今から15年前。当時、まだ長崎で会社員生活をしていた頃だった。関西系のTV番組の『ROCK THE ROOTS』と言う深夜放送で水本アキラ氏が『キリンジ』と言う
兄弟DUOのバンドがメジャーデビューしたと紹介していて、そのサウンドに興味を持った。翌日、長崎市内のCDショップで早速視聴してみた。『ペーパードライバーズミュージック』の一曲目、双子座グラフティのイントロ、ヤスの声がすぐに耳に馴染んだ。家に帰り全曲聞いてみて
なんて素敵な音楽なんだろうと興奮したのを今でも憶えている。
昨日のライブでは、初期のナンバーから最近のアルバムまでの選曲で、この15年の自分の人生の流れをキリンジの音楽と共に振り返りながら愉しむ事が出来た。
私の人生にはいつもキリンジの音楽があった。キリンジを通して繋がる縁もあった。これからヤスが脱退して、キリンジは高樹だけになっても聴いていけたら良いな。ミュージシャン同志、ヤスには譲れないものがあったのだろう。キリンジと言う枠が窮屈になってしまったのだろう。それは私の憶測かもしれないが、
何となく、気持ちが分かる気がする。
自由になるという事は、沢山のものを一度捨てなければならない。でもその先には何かがあるんだと思う。
これからも2人の音楽を聴いていけたら良いな。

私も一歩踏み出したい。